実際に不動産投資を行う物件を買う前のポイントは、それぞれの目的や収益の目標等によっても異なりますよ。ここでは、ワンルームマンションを投資の対象とした場合の物件選びのポイントをあげてみてくださいね。 ・立地条件 目標としている収益性を安定して確保出来るかどうかは、立地条件でほとんど決まってしまいますよね。交通機関の利便性はどうか、買い物など普段の生活で不自由はないか、公共施設や医療施設が充実しているかどうかも重要になります。 ・長期修繕計画 マンションの劣化を防止するための補修をしっかり行っているかどうかで、数10年後に大きな差となってきます。長期的な修繕計画が大切です。 ・安全性 防犯カメラ、オートロック、センターライトなど、セキュリティがしっかりしていて、しっかりと安全性が確保されているかも大切なのです。 ・設備仕様 ウェブ対応、宅配ロッカーなど、設備仕様が充実してしまっては物件のアピールポイントだと言えるのです。 物件を買う前のポイントとして一番大切なことは、最低でも一度は現地へ行って物件の確認をすればす。その時には、必ず、ホームインスペクション(住宅診断)を行うようにしましょう。ホームインスペクションをする事によって、建物の劣化具合や欠陥の有無、また、購入後に掛かるメンテナンスのコストなどについて把握しやすくなるようです。物件をよく調査しないで購入するという事は、ギャンブルと同じです。不動産投資によっては安定した収益を確保したいのだったらば、事前の調査への時間と費用は惜しまないなさってくださいねー